• ご予約はこちら045-701-6672
  • English Page Fishing Boat YOKOHAMA
  • DINING BAR Sand fish

明日から始める釣りガイド! 初心者でもできる釣りとは?

alt


最近、アウトドアスポーツのなかでも「釣り」が注目を集めています。人気の高まりから、
女性や小さな子どもでも釣りを楽しめる釣り場も増え、釣り人口はますます増加傾向にあります。
初心者でも楽しめる釣りとは、どのようなものなのでしょうか。
今回は初心者さんの釣りで知っておきたい、服装や持ち物のチェックポイントを合わせてご紹介します。

 

 

釣りができる場所を知ろう

ひとくちに「釣り」といっても、さまざまな場所や釣り方があります。なかでも初心者さんがチャレンジしやすい釣り場は、堤防釣りや釣り掘です。
堤防釣りや釣り堀のメリットデメリットをチェックしてみましょう。

 

堤防釣り

漁港などの岸壁から釣るのが堤防釣りです。足場が安定しており、シーズンによってはサビキ釣りなどで、小さな子どもでもアジやサバを釣ることができます。
場所や時間帯によって釣果が上がらないこともあり、釣りのベテランと一緒に行くことをおすすめします。
海で自然な状態の魚を釣る楽しさを味わえますが、釣り道具や餌を自分で揃えなければならないデメリットもあります。

 

釣り堀

釣り堀の中には、すでに魚が放たれているため、初心者さんでも高確率で魚を釣れます。
釣り堀によっては釣り道具をレンタルできるところもあり、釣り道具を持っていない初心者さんでも安心です。
土日祝や連休などは混み合うため、場所の確保が必要になるほか、高級魚をターゲットにしている釣り堀が多く、料金がかさんでしまう点がデメリットです。

 

 

初心者さんでも船釣りが楽しめる!

船釣りというと、ベテランアングラーが楽しむアクティビティのイメージが強い人が多いのではないでしょうか。
実は、釣り船店によっては、初心者を歓迎しているところもあり、そのような釣り船店を選べば、釣りの初心者でも船釣りにチャレンジができます。
初心者歓迎の釣り船店では、スタッフが常に釣り人をフォローし、釣り方のコツをレクチャーしてもらうこともできます。

例えば、堤防釣り歴はあるけれど船釣りの経験がなく、船釣り専用の竿などを用意できない人や、おおよそ何が釣れるのか予想のつく釣り掘りよりも、
もっと自然な状態で「何が釣れるか分からない」というワクワク感を感じたい人にも、船釣りはおすすめです。

堤防釣りの場合は、その場所に魚がたくさんいるかどうかを知ることは難しいものです。その点、釣り船の場合は、船頭さんの持っている情報や
魚群探知機のデータ、長年のノウハウなどで、魚が釣れそうな場所を探して連れて行ってもらえます。
釣り船は、定員数が限られているため、釣り堀のように混み合うことがないのも大きな魅力といえるでしょう。

多くの釣り初心者が船釣りを躊躇する理由の一つが、専用の釣り道具を揃えなくてはならない点です。堤防釣りと船釣りとでは、
釣り竿や使用するライン、仕掛けも異なります。釣り道具を揃えることができない人は、釣り道具をレンタルできる釣り船店を選ぶと良いでしょう。
釣り船店によっては、手ぶら状態でも釣りが楽しめる設備やサービスが充実しているところもあります。

 

 

初心者さんが釣りに行くときの持ち物の注意点

釣りに行くときには、持って行ったほうが良い持ち物がいくつかあります。初心者さんが釣りに行く前には、ぜひチェックしてください。

 

服装

基本的には動きやすくカジュアルな服装であれば、釣りはできます。特に春~秋は日焼けをするため、服装でも日焼け対策をおすすめします。
釣りは意外と汗をかくアクティビティです。服装は通気性の良いものを選ぶことが基本です。

水で濡れたり汚れたりすることも予想されるほか、濡れて風が吹くと肌寒くなることや、季節によっては海風で体が冷えてしまうこともあります。
着替えは+1枚多めを意識して準備することをおすすめします。帽子やタオルなども忘れずに用意しましょう。

 

どの釣り場で釣りをする場合でも、靴底が滑りやすいものは危険です。防水性に優れたもので、靴底が滑らない仕様の靴を選びましょう。
釣り船を利用する場合は、サンダル履きをOKとしているところとそうでないところがあるため、事前に確認しておくことがおすすめです。

 

水分

釣りは屋外で行う上、意外と体を動かすアクティビティです。そのため大量に汗をかくこともあります。
特に春~秋にかけては熱中症予防のためにも、水分の補給を心がけましょう。水やお茶・スポーツドリンクなど、水分補給できるものを持って行くと安心です。

 

そのほかにあると便利なもの

そのほか、釣りをするときにあれば便利なものがあります。例えば、魚臭くなった手をふき取るウェットティッシュや、
ケガをしたとき用の絆創膏、人によっては酔い止めの薬が必要になることもあります。

海や川など水辺には、さまざまな虫がいます。海釣りでは「ヌカカ」と呼ばれる小型の昆虫には、特に注意が必要です。
一度刺されると、長い人で数週間程度強いかゆみが治まらない場合もあります。虫よけスプレーやかゆみ止めなどがあると便利です。

 

 

まとめ

荒川屋では、釣りの初心者さんの乗船を歓迎しています。全く釣りが初めてという方や、小さなお子さまにも、釣り方を丁寧にフォローいたします。
初心者さんでも釣る楽しさを存分に味わっていただくことができます。敷地内には、ダイニングバーも併設しております。

釣った魚の処理をその場で調理してお召しあがりいただくことができます。荒川屋で釣る楽しさ、釣った魚を食べる喜びを体感してみませんか?
ぜひ皆さまでご参加ください。